FC2ブログ

ギルドメンバー入口

ギルド「ProjectEG」活動指針

1.ギルド戦
それぞれのペースながら、積極的に参加しています。
順位を教え合ったりアドバイスをしたり、割りと活気のあるやり取りをしております。
密かに上位を目指しております。

2.共同討伐
メッセンジャーにてメンバー間で誘い合って部屋を立てております。
大体20時付近に多く部屋が立っています。

3.コミュニティ
連絡相談から雑談まで、ほぼギルドメッセンジャーにてやり取りしております。
ツールの導入も検討しております(なるべく多くのメンバーが見ることができるもの)。
・暫定掲示板


4.ご注意
・他のメンバーの楽しみ方は尊重しましょう。
・暴言等の人を傷つける行為は止めましょう。
・連絡なきログアウト状態が2週間以上続いた場合、または1シーズンの攻撃回数が極端に少ない場合、
 メンバー数上限などを考慮して、脱退頂く可能性があります。
スポンサーサイト



ブラウンダスト PEGギルド戦方針案

こんにちはー ギルマスです。

 さて今回はギルドメンバー向けに長期的な試みをご相談させて頂きます。
 (急いでまとめたので若干雑です)

 当ギルドでは一時的なお願いを除いて、長らくギルド戦での方針を定めずにおりました。メンバー集めの段階からでしたので、「とにかく参加を!」といった案内をしていたかと思います。お陰様で100位以内に食い込むなど、ギルドとしては大きく成長できたと実感しております。
 その一方で、100位以上の壁と申しますか、これ以上の順位に進むことを阻まれている現状がございます。
 なので、現状打破の方策として、ギルド戦に関わる以下の通りいくつか試みができればと思います。

 勿論拘束力は設けませんので、その点はご安心を願います。

 根本にある発想は「皆が強くなる方法の模索」です。


①調整の導入
 こちらは主にプラチナ以上の方々にお願いできればと思います。

 ご存知の方も多いかと思いますが、ギルド戦ランキングの仕様として、勝敗に関わらず、シーズン累計ポイントにより順位が決まるというものがあります。つまり敗けが続いているとしても、ポイントを多く取っていると順位が下がらずに強豪と当たり続ける可能性があるというわけです。
 ギルド戦の度に貰える報酬は以下の通り大きな差がありますので、シーズン中はできるだけ多くの勝利を得る必要があります。

IMG_0654_convert_20181107001105.png

IMG_0655_convert_20181107001125.png

 その為のコツは勝利は僅差で敗北は大差でとなります。

・必要以上に順位を上げることを避ける為、勝てる見込みの試合では大きくポイントを取ることを控える。
・負けた際に大きく順位を下げる為、敗け色濃厚な試合でもアクティブメンバーが最大限にポイントを取っても追いつけない差の時は殴り控える。


 この2点を意識頂けますと幸いでございます。


②シーズン初戦・敗戦濃厚時の初心者への貢献
 こちらもプラチナ以上の方々の頭の片隅に置いて頂ければと思います。

 当ギルドは現在100位台前半の順位に付けています。この順位ですと相手の20番でもクリスタルやダイヤという場合が多くございます。そうした相手にはゴールド以下の初心者の方々は、開封でポイントを取るのは非常に難しいと考えられます。
 シーズン終わりの報酬の獲得条件には、そのシーズン内で1ポイントでも獲得していることが要されますので、初心者さんが1ポイントも取れずにシーズンを終えることは避けたいと考えます。
 ですので、ポイントを控えたい初戦及び敗戦濃厚な試合では、できるだけ下の番号を開封して頂けますと幸いです。
 また初心者皆様はご自身のポイント獲得を第一に、順番の開示されている箇所への攻撃を意識して頂ければと存じます。



③シーズン12日目・最終戦のギルドへの貢献
 最後はゴールド以下の方々へのお願いとなります。

 シーズン終わりに貰えるシーズン報酬については、シーズンが終わった段階でのギルドの順位が反映されます。その為、次の戦いがない最終戦と、どの道ベストを尽くす最終戦へと繋がる12日目はポイントを控える意義が薄いと考えられます。
 この二日はできるだけ、上位勢には順番の開示された場所を殴ることに専念して頂きたいので、そのアシストとしてできるだけ上の番号を開封して頂けると幸いです。



 以上3点、可能な限りで構いませんので意識して頂けると、ギルド全員が貰える報酬が増え、更に上位を狙えるようになるのかなと思います。
 恐らくどんぴしゃ狙い通りになるわけではないと思いますが、その際はまた見直しを行います。また、ご意見やアイデアをお持ちの方はどこの場でもお申し付け頂ければ、可能な限り対応致します。
 それでは、何卒お付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

ブラウンダスト ワールドボスについて

こんにちはー ギルマスです。

さて今回は、このゲームの日課の一つでもあるワールドボスについて、記事にしようと思います。
とはいえ、検索すればかなりの数の攻略記事が見つかりますので、最適解的な詳細はそちらにお任せするとして(ぉぃ
私はこうして攻略してますよ、こういうキャラがいればもっと高得点出せるのになぁという率直な感想を転がしておきます。

・ワールドボスを攻略する意義
まずはデイリーボーナスを貰う以外のこのコンテンツを攻略する意味ですが、主には戦闘した次の日に貰える報酬にございます。
特に古代コインはリアル財力をもってしても手に入れるのが困難なので、ワールドボスを極めて毎日10枚貰えるようになると育成スピードが違ってきます。

IMG_0934.jpg


・狩猟と運搬
ワールドボスは通常の戦闘と違って相手を倒すことがクリア条件ではありません。
なので負けてしまっても全く歯が立たないというわけでなければ報酬が貰えます。デメリットはないのでガンガン挑戦しましょう!
大まかな目的としては以下二つ↓

狩猟・・・出来るだけ相手にダメージを高める

運搬・・・出来るだけ味方のHPを残す

これを意識してキャラや配置を選択していくことになります。
尚、ちょい前のアプデで赤枠の通り訓練所が追加されましたので、納得いくまで戦略を試すことができます。

IMG_0933.jpg


・禁止スキル

IMG_0936.jpg


ワールドボス戦は2ラウンドで強制的に決着がつきます。
なのでスキル性能上いわゆるズルが出来てしまうスキルは禁止されてしまってますのでご注意下さい。


それでは、それぞれのワールドボスについて少しずつ掘り下げて参ります。



・オグドアド
ワールドボス戦は12体までキャラを配置して挑むことができます。
まずは最初に二つ首の巨人オグドアド。
攻撃範囲は全面の為、配置は自由に、支援を繋ぎやすいように行いましょう。

IMG_0935.jpg


さてこのボスは狩猟クエストの為、大量にダメージを与える算段を付けなくてはなりません。
そしてそれを妨害するのがオグドアドの持つ高い防御力・敏捷・ステ減少免疫です。

IMG_0937.jpg


普通に殴っても防御力でダメージを削がれ、挙句敏捷でかすりダメージにされ満足な数字は出ません。
なので防御力や敏捷をスキルで落としてから殴ることになるのですが、よく使われる呪いはステ減少免疫に阻まれて無力化されています。

そこで使うのが、ステ減少免疫に阻まれない以下のスキルとなります。
・腐敗Ⅱ ・・・デオマロンの持つ持続ダメージスキル。ダメージを与えると共にステータスも削ることができます。
・ロックオン ・・・イライザ等が持つロックオンスキル。ロックオンにはステータスを削る効果が含まれています。
・回復封印Ⅱ ・・・アリーサ等が持つ封印スキル。免疫全般を無視して付加できます。被ダメ増加もついています。

IMG_0938.jpg


これらを相手に付与してから攻撃をすると、ダメージを出しやすいです。
負のループ持ちで持続ダメージやロックオンのターンを引き伸ばせると尚良いと思われます。
※負のループはかすってしまうと、ループさせるターンも半分になってしまうので注意です。
 (6ターンのスキルを残り5ターンでループさせようとしても、かすると逆に3ターンへと短縮してしまいます)

その他、ロックオンを使う場合はヴェンタナなんかがいるとダメージが稼ぎやすいです。



・ザラタン
次はTHE・クラーケンなザラタン。
こちらも攻撃範囲は全面の為、なるべく陣形を固めて耐えられるようにしましょう。

IMG_0939.jpg


ザラタン戦はシンプルイズベスト、支援を掛けまくって耐えましょう。

IMG_0940.jpg


お勧めは無凸無覚醒でも十分に仕事をしてくれるサブリナです。
合成キャラですが素材の確保はそこまで難しくなく、ワールドボス特効のスキルを持っているので是非合成してみましょう。



・アークスター
続いて男のロマンっぽさ振りアークスター。
攻撃範囲は最前十字なので、写真のように最前中央にセイルのような丈夫なキャラを置き、その上下及び同列には極力キャラを置かないようにしましょう。
支援の関係でどうしても中央列等にキャラを置きたい時は、そこそこ硬いキャラにそこそこ支援をかけてあげましょう。

IMG_0941.jpg


さてアークスターについてもオグドアド同様、高ダメージを出さなくてはいけないにも関わらず高い防御力・敏捷が設定されています。

IMG_0942.jpg


ただしオグドアドとは異なり、ステ減少免疫を持っていないので、呪いで容易にステータスをガタガタにできます。

IMG_0944.jpg

呪いだけでは補助が不十分と思われる際は、被ダメ増加のスキルも併せて使ってみて下さい。



・テリオン
最後に白い歯が眩しいテリオン。
攻撃範囲は最後尾がっつり。写真のような配置でセイルの位置が耐えれば前方2列のキャラはダメージを食らいません。

IMG_0945.jpg


従って、後方の1キャラさえ耐えることができれば、後は前キャラのHPの底上げだけしておけば大丈夫です。
↓写真の赤枠で囲った部分のHPが高ければ高い程、評価が高くなります。ルーン盛りましょう。

IMG_0946.jpg


逆に後ろのキャラは1キャラ以外K.Oされても構いませんので、支援で固めてしまうのも手の一つとなります。



以上、非常にふんわりと解説っぽいものをお送りしました。
今回添付した写真の中に映っているキャラの中には、元星3のキャラなんかもいて、十二分に仕事をしてくれますので、この機会にスポットライトを当ててみて下さい。

以下、役に立った主な星4以下キャラ↓
ナタリー(ロックオン)、マヤ(ロックオン)、ヨセフ(負のループ)、クルール(負のループ)
コウジャク(被ダメ増加、HP割合ダメージ)、カルグ(呪い)、オーリン(呪い、被ダメ増加)

さてそれでは、地味に新年初の記事なのでご挨拶にて締めさせて頂きます。

本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

ブラウンダスト年末あいさつ&攻防ダメージ試算

お世話になってます。ギルマスです。
2018年も暮れを迎えました。
本年はギルドメンバー皆さまのお陰でギルド設立から100位付近まで、ゆっくり着実に順位を上げて参ることができました。
来年は50位以内の上位を目標に掲げられればと思っております。
その為にはギルドメンバー皆さまの力が不可欠でございますので、何卒ご協力のほどお願い申し上げます。
それでは、良いお年を!


以上……と、行きたいところですが、ご協力を仰ぐのであれば率先して情報をまとめよとのことで、
年末に一つ、記事をご用意致しました。


今回は基本かつやり込みに最高峰、ブラウンダストの攻防についてスポットを当てて参ります。


まず、このゲームには多様なルールの戦闘がございます。(ストーリー、アリーナ、ギルド戦、地下アリーナ、ワールドボス等
それぞれラウンド順や配置の仕方、中にはクリア条件が異なるものもありますが、全ての戦闘に共通している瞬間がございます。

それが攻防の瞬間です。

自キャラがアクションを起こしダメージ数値がババンと表示され、アイコンがビカビカ切り替わりながら表示されるあの瞬間です。
バフ盛り盛りで意気揚々と殴ったのに相手全然削れてないとか、こりゃ倒せないなと諦め気味に殴ってみたら意外とK.O.できたりするあの瞬間です。

この部分に関する知識が深まってくると、陣形の設定育成の選択ルーンの生成等に自身で意義を見出せるようになります。
そうするとこのゲームを大分楽しめるようになるはずです。

かなりややこしいですが、ご一読の上、ニュアンスだけでも掴んで頂けますと幸いでございます。
ちなみに掲示板の方でもギルメンの方がわかりやすくまとめて下さってますので、そちらもご一読くださいませ。

それでは早速、こちらは戦闘に関わる数値が載ったステータス画面でございます。

IMG_0845.jpg

こちらがキャラ単体のステータス。魂装備やルーンを装着していない状態の数値ですね。
ステータス画面のプレビューや、キャラ図鑑からも確認できます。

そんでこちらが魂装備やルーンを装着した実際のステータス画面。

IMG_0846.jpg

実戦では赤枠内の数値と、スキルの能力を元にダメージが決定されます。

攻撃時に使うのは以下のステータス
攻撃力:そのものずばりキャラの攻撃力。強化支援や障害が何一つなければこの数値がダメージの値になります。
クリティカル率:攻撃がクリティカルする確率。後述しますが、スキルダメージも大抵クリティカルします。
クリティカルダメージ:クリティカルした場合に追加されるダメージ量。100%なら丸々攻撃力分のダメージが追加されます。

そんで以下ウンラン先輩のスキルの一部

①機敏特性(永続)Ⅱ
IMG_0850.jpg

赤枠の通り、戦闘開始のファンファーレより前に発動しているスキルです。
なのでストーリーやギルド戦等の配置をするフェイズがある戦闘では、敵味方共に配置時に反映された数値を見ることができます。
本スキルの場合、本来被弾時に使う敏捷(靴のマーク)の数値分だけクリティカル率が、クリダメが50%上昇します。
また赤枠では囲んでおりませんが、この画面には、それが何の種類のスキルかとか持続ターンはいくつかとか大事なことが載っております。

②クリダメ増加Ⅱ
IMG_0851.jpg


こっちの発動タイミングは基本攻撃後です。
基本攻撃は、キャラが行動順を迎えて相手に殴りかかる行動を表します。
つまりこのスキルの場合、発動タイミングが基本攻撃後なので、素の攻撃ダメージには、攻撃力+35%もクリダメ+150%も反映されません。
それじゃ折角上がったステータスは次の攻撃機会まで役に立たないのか、というと、そうでもありません。

③致命の一撃Ⅱ
IMG_0852.jpg

同じく基本攻撃後に発動するスキルで、こちらはステータスに応じて追加ダメージを与えるものとなっています。
ここで覚えておいて頂きたいのが以下2点。
・発動タイミングが同じスキルは左側から発動していく。(ウンランの場合はクリダメ増加Ⅱ→致命の一撃Ⅱという順です
・固定ダメージ以外のスキルによるダメージも、クリティカルするし防御で軽減されもする。


それでは、ここまでのデータを元にダメージを計算してみます。

うちのウンランの場合
攻撃力1002 クリティカル率54.08% クリティカルダメージ174% 敏捷15%

これが戦闘開始前に①機敏特性Ⅱにより、敏捷の値がクリティカル率に加算、クリダメが50%上昇して以下のようになります。
攻撃力1002 クリティカル率69.08% クリティカルダメージ224%

戦闘が開始され、ウンランの順番が来ると基本攻撃を開始します。
基本攻撃ダメージ クリティカル無:1002ダメージ
基本攻撃ダメージ クリティカル有:1002×(1+2.24)=3246ダメージ


基本攻撃後、②クリダメ増加Ⅱが先に発動し、ステータスが変化します。
攻撃力1353 クリティカル率69.08% クリティカルダメージ374%

変化したステータスを元に③致命の一撃Ⅱの追加ダメージが発生します。
クリティカル無:0.6908×1353×1.25=1168ダメージ
クリティカル有:(0.6908×1353×1.25)×(1+3.74)=5537ダメージ


1,2ダメ程度の誤差は生じますが、後述の防御率が0%の相手には、この基本攻撃ダメージ+スキルダメージが入ります。
上のクリティカル有の場合、約3246+約5537=約8783ダメージとなります。
IMG_0878.jpg


と、まあこのように単体壁殴りのダメージを出しまして、

・・・・・・・ここからがブラウンダスト。

今出した単体ダメージはそのまま防御側に入るわけではありません。
防御側も当然持ち前の防御率とスキルによる軽減でダメージをガリガリ削ってきます。
その為、イミルやエディン等の支援を掛ける意味がない&意味が薄いキャラでなければ、支援を掛けて殴るのが一般的です。

ですので、支援を含めた攻撃ダメージの算出方法は以下の通りになります。

攻撃力×{(支援上昇分1)+(支援上昇分2)……(支援上昇分n)}×その他(被ダメ増等)

では実際にウンランに支援を掛けてみましょう。

ステータスは戦闘開始時の①機敏特性Ⅱが乗った状態。これも自前というだけで支援と言えば支援です(
攻撃力1002 クリティカル率69.08% クリティカルダメージ224%


これに仮にヴィンセントさんの支援を掛けます。
IMG_0853 (1)

支援キャラによる上昇分には、支援力の数値が乗じられます。(他種のキャラの攻撃力の部分のステータス
IMG_0853 (2)


攻撃力上昇分:30×1.6986=50.958%
クリティカル率上昇分:10×1.6986=16.986%


それぞれ反映すると……

攻撃力1513 クリティカル率86.07% クリティカルダメージ224%

この支援上昇分を抱えたまま、上述の単体と同じ計算をしていきます。
基本攻撃
クリティカル無:1513ダメージ
クリティカル有:1513×(1+2.24)=4902ダメージ


基本攻撃後、②クリダメ増加Ⅱが先に発動し、ステータスが変化。※倍率は元の攻撃力を参照しますのでご注意を
攻撃力1864 クリティカル率86.07% クリティカルダメージ374%

変化したステータスを元に③致命の一撃Ⅱの追加ダメージが発生。
クリティカル無:0.8607×1864×1.25=2005ダメージ
クリティカル有:(0.8607×1864×1.25)×(1+3.74)=9503ダメージ


クリティカル有の場合、誤差は生じますが約4902+約9503=約14405ダメージとなります。
IMG_0882.jpg


これで攻撃側のデータが全て出揃いました。
ここから防御側の数値を加味して、最終的なダメージを割り出していきます。

防御側は皆大好き&大嫌いセイルちゃん
IMG_0855.jpg


素の防御力は10%ですが、故あって35%以上にしております。

さて、では計算ですが、防御側が参照するステータスは防御力と敏捷となります。
防御力:力というよりは防御率。%分だけダメージを軽減します。
敏捷:%に応じてかすりダメージが発生します。かすり時には、ダメージが35%減されます。

攻撃側同様、これらに加えてスキル軽減分を加味して最終的なダメージが決定されます。

以下セイルの反則スキルの一部

死の結束カウンター(永続)Ⅱ
IMG_0857.jpg

4スキルで構成されていますとかいう文言の強さよ。
構成員の内、計算に反映されるのは以下2つ

①呪い
IMG_0859.jpg

呪いによりステータス減少がなされますので、ダメージが減少します。
ちなみに基本攻撃を受ける前との表記ですが、攻撃力クリ率クリダメについては基本攻撃後の減少となります。
なので、呪いが入っても基本攻撃のダメージは呪いを受けていないものとして通ります。(ややこし
その旨の説明は赤枠の右上「例外」の欄で見ることができます。

※防御力上昇
IMG_0860.jpg

今回は発動しなかったとして加味しませんが、条件を満たした相手がK.O.されると防御力が65%上昇するスキルです。
先程故あって35%以上にしているとした理由がここにあります。
このスキルにより、条件を満たすとセイルの防御力は35+65=100%となります。
アルカン等に見られるように、防御力が100%になるとダメージが通らなくなります。(固定ダメ―ジ除く

②吸収(永続)Ⅱ
IMG_0862.jpg

吸収というわりに、しれっと被ダメージ軽減が書かれております。
この他バリア等、防御力以外のスキルによってもダメージは軽減されます。
一点ご注意いただきたいのは、こうしたスキルによる軽減には最大70%という縛りがある点です。
支援キャラなんかでバリアを重ねても、70%以降は無駄になってしまうので気を付けましょう。

まずはオーソドックスな防御力と軽減率による計算です。
基本的に防御力→軽減率の順で乗算していきます。

先程計算したヴィンセントの支援を受けたウンランの与ダメージの場合

基本攻撃
クリティカル無:1513ダメージ
→1513×防御力分0.6422(1-0.3578)×②吸収Ⅱ軽減分0.5(1-0.5)=486ダメージ

クリティカル有:1513×(1+2.24)=4902ダメージ
→1513×防御力分0.6422×②吸収Ⅱ軽減分0.5×(1+2.24)=1574ダメージ


致命の一撃Ⅱの追加ダメージ(仮)
クリティカル無:0.8607×1864×1.25=2005ダメージ
→2005×0.6422×0.5=644ダメージ

クリティカル有:(0.8607×1864×1.25)×(1+3.74)=9503ダメージ
→2005×0.6422×0.5×(1+3.74)=3052ダメージ

と、こんな感じになります。
ただし致命の一撃Ⅱのダメージは、実際にはセイルの①呪いが適応されますので、以下の通りに修正。

致命の一撃Ⅱの追加ダメージ
クリティカル無:
→(0.8607×①呪い分0.5)×(1864×①呪い分0.5)×1.25×0.6422×0.5=129ダメージ

クリティカル有:
→(0.8607×①呪い分0.5)×(1864×①呪い分0.5)×1.25×0.6422×0.5×{1+(3.74×①呪い分0.5)}=370ダメージ


以上、これで最終ダメージが出せました。
クリティカル有の場合、誤差は生じますが約1574+約370=約1944ダメージとなります。

……お疲れ様でした!
大分ごちゃごちゃしましたが、あのヒュッ、ズバン!の一瞬にこれだけの計算が詰め込まれているわけです。
最終的にはセイル相手には全く心もとないダメージになりました。
この条件での計算はこれで終わり。

これから始まるのは、このダメージをどう引き上げるかという思案です。

敏捷を上げるルーンがあればクリティカル率に割いていた分をクリダメに振って更にダメージを稼ぐことが可能です。
支援キャラがステ減少免疫を付与できるのであれば、呪いを食らうことはありません。

計算間違いがあれば修正いたしますので、ご指摘下さいませ。
それでは、よいお年を!

ブラウンダストギルド戦申し送り事項②

ブラウンダストギルド戦申し送り事項②

参考になるかも続くかもわからないギルマス個人的申し送り事項第2弾
あくまで個人的な考察ですが、万が一役に立つかもなので書かせていただきます。

本日の内容はズバリ、備えれば開封も整地と同じです!

①守備陣形による防衛戦
②相手のステータス・配置のみ見える攻撃(開封)
③相手のステータス・配置が見え、順番も教えてもらっている攻撃(整地)

さて、今回はギルド戦3つの大別の②、開封となります。
相手の順番が不明なので色々と考えながら配置しなければならず、対戦後は順番報告の慣習が……と面倒とも取れる戦闘ですが……

個人的にはこれこそギルド戦一番の醍醐味と考えております。
※あくまで個人的意見です

なので今回はこの開封の魅力を伝える為にも、私が気を付けている点を書いてみます。

まずは開封という状況ですが、完っ全にこちらに有利な状況となります。
配置とステータスがわかることにより、相手の誰を誰で叩けば勝ち、といったように勝利条件をより具体的に設定できるからです。
整地より開示情報が少ないので気後れしがちですが、強気に襲い掛かりましょう!

とはいえ、相手も例外を除き主力を丸裸で置いておくことはしないでしょう。
このことから最も勝敗を左右するのが、挑発のタイミングとなります。

セイルグランヒルトアストリッドに掴まって突破できずにそのまま……という事態は勿論のこと
相手の主力を倒すべき渾身の一撃を入れる直前に挑発で対象を逸らされて、タイミングがずれる。
これだけのことでも勝敗に大きく関わります。

ですので、まずはこうした挑発に対する対応を考えたいと思います。
挑発を突破する方法は整地の記事でも紹介した無効化も含め、下記方法が考えられます。

①無効化(無効化付与)
 エボニーさんが輝く本件ですが、整地と異なり順番がわからず、挑発発動前に無効化しても仕方がない為、順番に気を配る必要があります。
 また無効化若しくは沈黙を配る場合、元から沈黙・無効化持ちのキャラに配ることで相手挑発キャラが元の攻撃範囲にいれば機能停止させることができます(ターン経過で復活する可能性もありますが)。
 ちなみにこの方法はデバフ反射を持つグランヒルトに効かない旨、注意しましょう。

②倒す。
 倒す。それが出来れば苦労はしないという暴論ではありますが、ヴェンタナやキュウビのような単体高火力なキャラを持っていれば、挑発されればそのキャラを、されなければ狙い通りの対象を、と非常にシンプルに事を進められます。
 配置の段階で相手のステータスは開示されておりますので、一撃必殺でなきゃ!ができる場合は狙ってみましょう。

③ロックオン
 イライザやジェニスが持つロックオンは挑発に優先して攻撃対象を定めてくれます。
 我々のギルドでもやられている方もいらっしゃいますが、ヨハンジェニスで誘き出して、ロックオン付いたところをヴェンタナでばっさりとえぐい鮮やかな戦法も取れますので手持ちにいれば試してみましょう。
 ちなみにデバフ免疫持ちの相手には付着しませんのでその点だけご注意ください。

④グロリア
 グロリアは攻撃された際に相手のスキル発動を封じますので、挑発キャラの攻撃範囲に置いておけば挑発を無効化してくれます。
 ヨハンに付与されたものは消せませんので、その点だけご注意ください。

⑤ターン経過
 永続スキルを除く全ての発動スキルには有効ターンがありますので、それさえ過ぎれば挑発も意味を成しません。
 とはいえこちらと相手を会わせて18ターン、挑発ターンを消費するために費やしては本末転倒ですので、グランヒルトが目に見えてる場合等、仕方ない時の選択肢としてだけ挙げておきます。


以上が挑発対策となります。
これらの方法を駆使して挑発を取り除いてから本丸を叩く、なかなかシビアですが開封においては希望的観測でいきなり本丸に突っ込むよりは有効かと思います。


この他、配置前の留意点としては、整地引いてはアリーナにまで通じますが、悪魔のバリア(呪いカウンター)があります。

「やったか!?」と思った相手がやれてない。

僕の計算通りなら100%倒せるメガネクイッキリッとか大見得切ったのに倒せなかった。

ジャカンチョーク踏んだのに吹き飛ばない。

出かけて数歩目に犬の糞を踏むのも、足の小指をピンポイントでタンスの角に当てるのも、世界から暴力がなくならないのも空が青いのもetc……


全て悪魔のバリアが原因です。

IMG_0671.jpg
↑元凶

こうした悪魔のバリアや呪いカウンターが発動するのは攻撃を受ける際なので、事前の配置では気づけないこともあるかと思います。
倒せる計算でいた相手が倒せなかったが為にターン計算が狂うといった負け方は悔しいので、可能なら万全の準備をして臨みましょう。
上記二つのスキルについては、共通しているのがステータス減少のデバフである呪いを付与してくることです。
なので、ステータス減少免疫やデバフ免疫を付与して、若しくは免疫持ちで叩くことによって突破できるケースがあります

以下デバフ免疫付与できる補助一覧
アナイスは守備的な役割を期待されることが多い(そういうデザイン)ですが、広範囲に免疫ばら撒いて呪いを踏み超えることができたりします。

IMG_0672.jpg


また上述の留意点2つを両方ともケアできるのが、こちらエボニー  叔母 姉さん
この人ギルド戦を攻める為のスキル構成してます。

IMG_0663.jpg


そんなこんなを意識していざ出陣

続いて配置時の留意点となります。

先に申しました通り、相手の配置とステータスは開示されております。

IMG_0675.jpg

その為、攻めるこちら側はあまり挑発キャラに頼らず、配置で受けられるようにしたほうが勝ちやすい印象です。
勿論、配置の関係上受けた方がスムーズに進む場合はガンガン挑発していくべきという前提はございます。

また基本的な裏技ですが、順番が開示されていない開封戦でも、支援キャラが支援をかける対象から、ある程度の順番を導き出すことが可能です。

では実戦を追って配置や順番の留意点を考えます。

IMG_0675.jpg

IMG_0676.jpg

IMG_0673.jpg

IMG_0674.jpg


エリヤ(バフ継続)が最初に動く理由は、1ターン目終わりのグランヒルトの挑発を維持することと考えられ、またアナイスの範囲にグランヒルトが入っていることからも、初手グランヒルトの挑発はないと判断しました。

支援を追っていくとどうも相手の初手はヨハンジェニスっぽいので、ジャカンに無効化を持たせて次に動くであろうエースキャラの爆破を狙いました。

後は最大の脅威であるアイを潰すべく中列の攻撃を厚くして最後尾に丈夫な女の子を置きます。


こんな感じでいざ開封!

IMG_0677.jpg

IMG_0678.jpg

IMG_0680.jpg


ジャカンによる挑発無効化が決まって(攻撃ルーン妥協しててヴェンタナを爆破できなかったことは秘密)大きなアドバンテージを得られた為、グランヒルトは数で排除できました。

ちなみに今回は不発でしたが、ジャカンの爆破は固定ダメージであり悪魔のバリア等で軽減できませんので、アンジェリカ等でも防げません。
(但し、固定ダメージはジャカンの攻撃力を参照しますので、先にジャカンがアンジェリカを殴っていた場合、悪魔のバリアで弱体化した攻撃力を参照した固定ダメージになりますので、不発に終わる可能性があります)

こんな感じで勝利を収め、ギルドメッセンジャーに順番を報告してあげます。ここまでで開封となります。


今回は支援が多く順番を割り出しやすい場合の戦闘でしたが、もっと順番が難解な戦闘の方が多くございます(

その際は、初手挑発の場合そうでない場合2通りの順番に対応する配置・順番を組みましょう

それが出来ないくらいに相手の陣形がよく考えられていたならば、引くのも手ですし、当たって砕けて後続のメンバーに順番を教えるのも手です。


ここからは個人的な感想となりますが、この順番を教えて後に繋ぐことができるシステムは、ゲームの団体戦として非常によく考えられたものと感じております。
腕に自信があれば相手と知恵比べをして楽しめますし、自信がなくてもor始め立てでも順番を教えてあげることで貴重な戦力になることができます。
勿論これらは強制するものではございませんが、積極的に行うことでこのゲームをより楽しめると思います。

以上、浸ったところで今回はこの辺りで。
もう初心者の多いギルドとも言えなくなって参りましたので続けるかは不明ですが、折角ですし守備陣形くらいまではまとめて置きたいと思います。